住宅診断(ホームインスペクション)

住宅診断(ホームインスペクション)とは

家を建ててから年月の経った建物は、壁に亀裂が入ったり、塗料の効果が落ちたりなど、どうしても劣化が発生してきてしまいます。そんな住宅の劣化や欠陥を見つけ、改修するべきかを専門的な知識をもったプロが第三者の立場で判断する住宅診断サービスの事を「ホームインスペクション」と言います。

住宅診断士(ホームインスペクター)とは

住宅診断士(ホームインスペクター)とは、住宅全体の劣化状況や欠陥の有無を目視でチェックし、メンテナンスすべき箇所やその時期、おおよその費用などを「中立な立場」でアドバイスをする専門家です。住宅診断のプロとして、建築・住宅診断方法などにおける一定以上の知識、また高い倫理観を有しながら、消費者に明示するために活動をしています。
しあわせ工房には、住宅診断士の資格を有しているスタッフが在籍しておりますので、一般の営業マン以上に専門的な視点で、住宅の健康診断を行うことができます。

住宅診断(ホームインスペクション)のタイミング

住宅の購入前や、売却前、リフォームの前に行うのがおすすめです。
建物がどのような状態なのかの確認を行ってから、購入や工事を検討が可能です。また、必要な改修費を計算し、「いつ頃に」「どこを」「どのくらいの金額で」メンテナンスを行えば良いのか、見通しをたてることもできます。
また、売主様と買主様両方が建物の状態を把握できるため、トラブルを回避しやすくなるという利点もあります。

Copyright(c) しあわせ工房株式会社 All Rights Reserved.