SDGsへの取り組み

SDGsとは︖

SDGs

SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。
持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。
17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。
SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。
(出典︓外務省ホームページ https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/about/index.html)

SDGsに対する活動目標

SDGsの活動に取り組むにあたり、まずは「環境に配慮した建材を多く利用した施工をすることで、消費者の生活や地球を守る」という目的を設定しました。
また、太陽光発電と蓄電池を設置した再生エネルギーを自給自足できる家作りをし、天然素材を使用した施工で健康的なリフォームを訴求しています。

経 済

SDGs
太陽光発電を導入することにより、エネルギーを作り出すだけでなく、その作り出したエネルギーを貯めておく事ができます。
それにより自給自足ができ、電気料が削減されます。
さらに、CO2排出を削減することで地球温暖化の問題に取り組んでいます。

社 会

SDGs
化学物質過敏症に困っている子供たちがいる中で、天然素材を使用したリフォームにより自然的な環境を提供し、健全な発育を促します。
また、ダニの発生を防ぐなど空気質を確保し、アレルギーの原因を少なくするなど、0次予防の健康性に寄与する住まいを提供します。
さらに、開発途上国の子供たちの病気や命を救う為に寄付をさせていただいています。
LGBTの考えを尊重した採用を行っています。

Copyright(c) しあわせ工房株式会社 All Rights Reserved.